ショップ

キムチメンマ

¥378

ふっくら炊き上げたメンマに、チョイ辛ラー油を加えて中華風に仕上げた商品です。

内容量:120g

原材料名:メンマ、しょうゆ、ラー油、還元水飴、米発酵調味料、食塩、にんにく、たん白加水分解物、調味料(アミノ酸等)、酒精、酸味料、パプリカ色素、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)

 

¥5,500以上お買い上げで「送料無料」
※北海道・四国・九州・沖縄エリアは¥6,600以上で送料無料となります。

 

・ギフトラッピング・熨斗(のし)など対応いたします。ご希望のお客様は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

・クレジットカード以外でのご精算をご希望のお客様は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

※お問い合わせフォームは、画面右上の「三」のマークをタップし、メールのアイコン✉よりアクセスいただけます。

 

在庫切れ

カテゴリー:

説明

小田原屋

80年余の実績、はじまりは福島県会津

小田原屋の初代は福島県会津の出身で、神奈川県小田原市にあった江戸時代から続く漬物屋「小田原屋」で修行しました。

指南書には、当時の漬物の製法が図入りで詳しく説明されており、小田原屋の漬物は、この製法を受け継いで製造しています。

初代は修行を終えた後、足尾銅山で資金を貯め、現在、本社がある福島県郡山市で昭和8年に佃煮、漬物の卸売と製造を開始しました。

江戸時代からの伝統製法を受け継いで

当初は郡山市堂前に本店がありましたが、道路拡張工事(現在:文化通り)の為、昭和42年に郡山市山根町に移転。

昭和51年に現在の本社所在地の郡山市富久山町に、新たに造成された郡山食品工業団地に本社工場を移転し、山根町と富久山町の二工場体制になりました。

その後、山根町は郡山の市街地に発展したことで、郡山食品工業団地内の工場を拡張し、製造拠点を郡山市富久山町に集約し、平成20年には郡山食品工業団地内で工場を移転し、現在の場所で製造販売しています。

 

レビュー

レビューはまだありません。

“キムチメンマ” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です